会社紹介

お肌に年齢を重ねることが人生に幸せを重ねるようであってほしい再春館製薬は、人間が本来持っている自然治癒力・自己回復力を最大限に引き出すことをめざす製薬会社です。

人間も自然の一部であるという漢方の考え方に立ち、自然の力を人間の力へと活用することによって、誰にでも訪れる老化による悩みや苦しみを和らげ、生き生きと幸せに歳を重ねるのを応援していくことが、私たちの夢であり、私たちの喜びです。

神経痛やリューマチの痛みを緩和する「痛散湯」という漢方薬で創業いたしました。そして同じ漢方の考え方に基づき、1974年に年齢肌専用の基礎化粧品「ドモホルンリンクル」が誕生しました。

以来、漢方や自然の法則から多くを学びながら、数年ごとに商品を刷新して参りました。社員が一丸となり、現代科学の恩恵を積極的に取り入れながら商品改良に力を注いでおります。

優れた製品とサービスを通してお客様から100%のご満足をいただき、お客様との長いお付き合いを構築することを目指します。

お客様からの「ありがとう」の一言ほど嬉しいものはありません。これからも私たちの商品とサービスをさらに向上する努力を続けることをお約束いたします。

お客様との信頼関係を築きたいと願っております。

私たちにとって、商品の販売はビジネス関係の終了ではありません。

私たちにとって、商品の販売はビジネス関係の終了ではありません。

私たちのビジネスモデルは、自社製造と直接販売です。製品を自分たちで作り、お客様に直接お届けします。

とは言え、私たちは「製造」して「販売」するだけの会社ではありません。
お客様が私たちの製品を受け取られた後、お客様サービス担当者がお客様のお話をよく聞き、それぞれに最適なお悩み解決法をご提案させていただきます。

またお客様のご要望やご不満を製造技術やアフタサービスの改善に反映させます。

私たちが時間をかけて開発した独自の「直販」方式は、お客様1人ひとりのご要望にお応えしたいと願う私たちの気持ちを表しています。

お客様になった自分を想像する。お客様の立場になって考える。

お客様になった自分を想像する。お客様の立場になって考える。

個人経営の小さなお店のように、私たちもお客様一人ひとりの身になって心からのサービスを提供したいと考えております。お客様との密接な関係があれば、それぞれのご要望を汲み取ることができると信じています。

そのためには私たちがお客様に「なりきる」ことが重要です。お客様の立場に立って考えるだけでなく、お客様と1つになることによって、お客様一人ひとりを大切にして、十分なご満足をいただけるようになるのです。

お客様からのさらなるご要望があれば、全社一丸となって対応させていただきます。
弊社は何を目指しているのか、と問われれば「大きな個人商店」とお答えします。

目指すのは、売れた商品の数ではなく、数えきれないほどの精神的な安らぎです。

自然に学び自然に感謝する。

自然から学ぶ。生薬の知恵から学ぶ。

「再春館ヒルトップ」は熊本県の自然豊かな阿蘇の中心にあり、ここで製造から発送まですべてを行っています。ヒルトップは学ぶ。つくる。感謝する丘です。日々季節の移り変わりを五感で感じ、常に自然から学び、自然に感謝しながら、阿蘇の自然の力を借りて製造しています。

「お肌につけるものは、食べものと同じ」

「お肌につけるものは、食べものと同じ」

私たちの商品はお客様のお肌に直接つけていただくものだからこそ、お客様に心地よく使っていただけるよう品質改良にはたゆみない努力を注いでおります。
例えばクリーンルームでは、パーティクルカウンターという測定器によって、空気中のチリの粒子までも監視するなど、医薬品の製造基準(GMP基準)にも劣らない厳格な管理システムの中で、仕込み(調合)から充填が行われています。
効率やスピードより品質を大事にすることにこだわっています。

手で作る。心を込めて作る。

手で作る。心を込めて作る。

手で作る。心を込めて作る。

薬彩工園と呼ばれる工場では多くの手作業の工程があります。原料の投入から乳化の工程、さらに最終検査までの全てを機械まかせにはしません。無駄な手順は省きますが、高品質な製品作りには欠かせな時間や手順を省くことはありません。
時間と手間をかけ、自分達の手で最後まで責任を持つ。機械やコンピュータがどれだけ進化しても、品質は人がつくるもの。
だから、私たちはこのやり方を変えません。

ページトップ

Copyright (c)2001-2020 Saishunkan Pharmaceutical Co.,Ltd. All Rights Reserved.